夜景日誌 5話~8話の感想とあらすじ【韓国ドラマ】

あらすじ 5話~8話

5話
王の忠臣のムソクはテジェハクになった月光大君の護衛に命じられました。昭格署が再建されることになり道士が選ばれることになりトハも選ばれます。大君は鬼神が見えることが王様にばれてしまい、離宮に幽閉されてしまいます

6話
大君はサダムの罠にはめられてしまいました。王様は大君を罠にはめたとヨンイジョンに追い詰められてしまいます。妓楼の房主のヨンウォルはトハを見た時に何かを感じました。
大君は追ってから逃げている途中で崖に落ちますが、トハに助けられます。

7話
月光大君はお尋ね者になってしまいますが、行くところがなくヨンイジョンの元に行こうとします。政事に使われると知ったスリョンは月光大君を拒否します。トハの導きによって夜警日誌を見つけることができました。

8話
サダムは火鬼を利用して町中を火の海にしてしまいました。トハに助けられた月光大君は、窮地に陥ったトハを助けることで大切さに気付きます。王様は火鬼の件でサダムを信じるようになり、なにもかも言う通りになってしまいます。

感想 5話~8話

月光大君とトハの出会いが、これからの恋模様がどんな感じになるのかワクワクさせてくれます。ムソクは月光大君の護衛が嫌そうです。気持ちがまっすぐ過ぎて王様以外信じられないみたいですね。

母に仕えていた尚宮が霊となって表れたのですが、話を聞くことができませんでした。何か伝えたいとは思うのですが…。大君が王様にはめられてしまいました。ありがちな王様を呪ったという罪です。しかし大君の守護鬼神は大君がどこにいるかも知らないなんてあてにならないですね。ムソクは何かとトハのことが気になるみたいです。妓楼のヨンウォルはトハを見た時何かを感じたようですが、どんな関係があるのでしょうか。もしかしてお姉さん?

月光大君は危機一髪のところでトハに助けてもらえました。王様はサダムにすっかり取りつかれちゃったみたいです。大妃様にまで手を挙げてしまいまいした。王様はだいぶん心が病んでますね。スリョンはせっかく自分を頼ってきてくれた月光大君を追い返してしまいました。大君を守るためだったとはいえ、つらいですよね。大君は結局信じられるのは守護鬼神だけだったなんて、どんだけ友達がいないんだって感じです。

火鬼に襲われた薬剤庫の中にいた月光大君はまたもトハに助けてもらいますが、トハも窮地に陥ってしまいました。今度は大君が助ける番です。知らないうちに大君にとって大切な存在になっていたんですね。お姫様抱っこして出てきた大君は素敵でした。それぞれに前に進む時が来たようです。