夜景日誌 20話~24話の感想とあらすじ【韓国ドラマ】

あらすじ

スリョンを側室にすると聞いたヨンイジョンはついに動き出し、王様を幽閉してしまいます。ムソクは王様に助けを求められ、会いに行きますが切られてしまします。大君とトハは捉えられてしまいますが、大君はサンホンに助けられます。トハは大君のために自分の命を絶とうとします。ついにあの杖でイムゲが蘇えることに…。
皆が御宝を探し始めましたが、その御宝を探しだせる指輪は大君がもっていました。ヨンイジョンらに追われますが、御宝を手に入れ王様に渡すことに…。王様はヨンイジョンに御宝を渡してしまいました。大妃が大君を守り切られます。ヨンイジョンは王になると宣言しますが、御宝は大君の元に渡り、取り返しにきたサダムに大妃の命が奪われました。青銅の弓のありかを聞いた大君はイムギの元に向かいますが…。
ついにイムギの昇天の儀式がはじまりますが、大君たちは塔に迎いイムギを倒します。サダムを葬り、王様は譲位し大君を王位につかせます。平和を確信した王様は夜警隊を解散することにしました。

感想

トハは大君の気持ちはわかるのですが身分の差が邪魔しますね。でもトハを命がけで守ると言った大君はかっこいいですね。ムソクはまた王様に裏切られてしまいました。ムソクまで殺そうとしたヨンイジョンはまさに鬼神ですね。サダムの意のままになってしまいそうです。ヨンイジョン親子は二人そろって欲が深いですね。トハは人のために自分の命を絶とうとしますが、どっかの親子は…。
大君はムソクの魂を助けるために三途の川に行きます。案外簡単に行けるんですね。大君もムソクも無事に帰ってしました。みんなが御宝を血眼になって探している頃、大君はあることに気が付きます。そうその指輪です。サンホンたちはどうにか、トハを助けることができましたね。そう言えばムソクは鬼神が見えるようになっていました。ついにイムギの昇天の儀式が始まってしまいました。
イムギを倒すために自分を切らせるなんて、大君は賭けに出ましたね。ヨンイジョンは捉えられ、スリョンも奴婢になってしまいました。
トハに会った時、最後に「お前が羨ましい」と本音を漏らします。サダムを完全に葬った大君は御宝を王様に渡しますが、王様は大君に王位を譲ります。大君の守護鬼神も役目を果たし去ってしまいました。
最後にランイが母だと知ることができましたね。やっぱり最後まで素晴らしい王妃でした。王様はみんなに守られていましたね。スリョンはいい人に戻っていました。夜警隊は解散です。平和な世の中になった証拠ですね。そして王様はトハの元に迎い愛を確かめ合いました。