夜景日誌 14話~19話の感想とあらすじ【韓国ドラマ】

あらすじ 14話~19話

イナは鬼神から解放され魂が旅立つことができました。ヨンイジョンは王様に夜警隊の存在を知らせ、捉えるように仕向けます。サダムはイムギを昇天させるために王様に塔を建てるように進言します。大君は先の王様と王妃の死の裏にヨンイジョンがいると確信しました。サダムは恨みを持っている怨鬼を悪鬼に変え、妓楼に集めます。大君はイムギのところまで行きますが…。

大君は王様から塔を建てる責任者に命じられました。サダムは薦度斎(霊を供養する祭り)を開くように王様に願い出、怨鬼を集めるのでした。やっとの思いで倒したはずのサダムでしたが、まだ王様のそばにいます。
スリョンは大君の心が欲しいことをサダムに付け込まれ偽物のトハを作る協力をします。ムソクは王様を狙った黒幕はヨンイジョンではないかと挑発します。
ヨンウォルの名でトハを呼び出したサダムはトハを王様の元に連れていきますが、大君に邪魔されます。トハはヨンウォルが姉だと知るのですが、先の王様の乱心の原因を話し、ヨンウォルは死んでしまいました。

感想 14話~19話

イナも無事に旅立ち、大妃も元気になり、大君と心が通じ合えたみたいです。サダムは王様に塔を建てさせます。どうやらその塔から昇天させるということですが…。

スリョンは人が変わってしまいました。期待を裏切らないです。王妃の死は王様のせいではなかったですね。キム尚宮の話をした時のヨンイジョンはわかりやすく動揺していました。大君はランイのことが気になりだしました。そう言えばサンホンもランイに挨拶していました。気になります。

キム尚宮から現王様のしたことを聞きやっと謎が解けました。やっぱり黒幕はヤンイジョンでしたね。ムソクは夜警隊と王様への忠誠の間で悩んでいましたが、サンホンの言葉を聞き、吹っ切れたようです。憶鬼から解放された大君とトハのキスは胸がキュンとしてしまいました。死闘の末、やっつけたと思ったサダムが生きていてびっくりです。実は不死身だったんですね。それどころかトハに瓜二つの人を作ってしまいます。

スリョンもまたサダムの手を借りることになってしまいました。やっぱりそうなりますよね。やはりランイは王妃でした。幼い姿で大君を見守っていたんですね。サダムの隠れ家に行き、トハの偽物にやられそうになりますが、ムソクに助けられました。夜警隊の結束が強くなった気がします。王様のところに連れていかれたトハは、危機一髪のところで大君に助けられますが、姉だとわかったヨンウォルは死んでしまいました。打ち明けられた真実は、大君とトハにとってはつらいものでしたね。