マイ・プリンセス 14話~16話の感想とあらすじ【韓国ドラマ】

あらすじ 14話~16話

ヘヨンはソルをペンションまで追いかけますが、もう少し待ってと言われます。皇室財団の理事会が開かれ、ナム助教授はユンジュに理事長を辞任しろと迫り…。ヘヨンは記者会見で自分の父の過ちを認め、その会見を聞いた会長は安心してこの世を去りました。ソルはヘヨンの言う通り宮殿に戻ります。
ヘヨンは父との話しが終わりニューヨークから帰ってきました。ナム教授はお見合い中のユンジュを迎えに行き…。ヘヨンはインタビューで記者に資産還元をしないかもしれないことをほのめかします。一方、大統領に会い皇室の復権に協力するように頼みます。そして無事に資産を還元する手続きをします。
二年後、ソルは国民に認められ皇女になっていました。ヘヨンは外交官として世界を転々としていましたが、やっと帰国しました。プロポーズをしようとしたヘヨンでしたが、大統領から仕事か皇女かと選択を迫られます。皇女に一緒についてきてほしいと言いますが…。しかし飛行機の隣にいたのは…ソルでした。

感想 14話~16話

ナム助教授は本当にユンジュのことが心配だったんですね。ユンジュに伝わるかどうかはわかりませんが。ヘヨンはソルのために友達を呼んでくれました。楽しくて気が紛れそうですが、男女の火花が散ってますね。それにしても携帯に好きな人の写真が入ってるってベタ過ぎませんか。
ヘヨンは会長の期待に応えてくれましたね。そのせいでソルはまたユンジュに責められますが…。会長はきっと安心して天国にいったんでしょうね。立派な孫です。
ソルは宮殿に戻れて幸せそうですね。ヘヨンもやっと帰ってきましたし。でもツンデレは健在です。ユンジュはお見合いさせられましたが、そこに颯爽とナム教授が現れました。心が広いのかお人よしなのかよくわかりません。ヘヨンは資産を還元しないかもとソルをおちょくって楽しんでいます。好き放題ですね。でも資産還元も無事に済んで、あとは国民投票だけだったんですが…浮かれすぎました。ソルの心からの声は国民に届いたのでしょうか。
二年後、無事に皇女になっていました。思いは届いたんですね。ヘヨンとは離れ離れのようですが、それでも幸せそうです。待ち焦がれていたヘヨンにやっと会えましたね。それにしてもソルの運転はひどくないですか。やっとプロポーズ、かと思ったら大統領に呼び出されお預けです。しかもどちらかを選べとは…。結局、ヘヨンの隣にはソルがいました。最初からこうなるとは思っていましたが、最後の長いキスは羨ましくも素敵でした。ハッピーエンドで良かった。